.
.
.
.
.

マキア~亀カメラ~

KAT-TUN(亀梨和也)大好き!右も左もわからないジャニーズの世界に初めてハマったえび子の奮闘記です。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
.
.
.
.
2011/03/25(金)
vol4-チーム

結成当時のKAT-TUNはB級Jrの集合体だった。
最初はケンカも絶えなかった。中でもおれは問題児。
実はオレ、グループ内で浮いていたんだよね。
仕事中はまとめ役でも普段は1対5の構図。
早くからソロ活動とか舞台とか大きなチャンスをもらったのも原因だと思う。
グループ内では孤立したけど、一方、仕事人としては成長できた。
良い仕事するために言いたいことは言うし、自然とセンターに立って引っ張るようにもなった。
最初、メンバーはムカついていたと思う。一番年下だしね。
一人で目立ちたいわけじゃない。KAT-TUNを良くしたいだけなのに・・・
伝わってない気がして、正直、超孤独だった日々もあった(笑)

それでもデビューできて忙しい日々や、予期せぬ問題をみんなで乗り越えて、グループ内の空気も少しずつ変わっていった。
お互い理解して受け入れられるようになった。
みんないつのまにか武器(聖のラップ、中丸のボイパ、上田のギター、田口のジャグリング)を身につけていたこともすごく尊敬している。

今のおれはKAT-TUNに作られた部分が大きい。
このメンバーで、この道のりだったからこそ、形成された性格や思考がある。
チームのために時には自分を犠牲にすることもある。
でも、それは回り道じゃない。
グループでしかできない経験もあるし、どんな仕事もすべては自分の道につながるし、使える武器になる。
だからKAT-TUNとしてこれからもあいつらと一緒にやっていきたいと思ってる。


て、かなり省力しちゃったけど・・・

これを読んで、600円払って良かったー!!

って、思ったよ!

マキアを買うとき、「他に読む場所ないのにー」って!

しかーも、今月の付録「HAPPY クローバー・バニティ」

なんか、なんか・・・・

臭いが・・・・

「娘にあげよう!」って思ってテーブルの上に置いておいたら

子供たちが「くさい、くさい」って大騒ぎで・・・

もちろん娘に「いらない!」って言われた(笑)

その後、不用品箱へ・・・さよーならー

ちっ毎月、高い買い物だわ。

この前ね、友達のNっちが古本屋に行ったら「マキア」があったんだって!

Nっちは田口担だし、「マキア」は買ってないの。

で、「おっつ!これは・・・」って思って立ち読みしようと思ったら

な、な、なんと「亀カメラ」だけ、綺麗に切り取られてたんだって!!

古本屋が買い取るときに、わからないように、本当に綺麗に切り取られてた!とのことでした。

なんかさー、

この話聞いて悲しくなっちゃったよ

気持ちはわかるけどさ。

亀ちゃんファンとして・・・。

やめてほしいなー。って思います。





この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
.
.
.
.
.

 | Copyright © カツンと行こう! All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。